2019.03.22

今季3度目の“愛知ダービー”、三遠ネオフェニックスは苦手なホームで白星を伸ばせるか

国内外のバスケ情報をお届け!

三遠ネオフェニックスvsシーホース三河(@豊橋市総合体育館)
第1戦:3月23日14時5分、第2戦:3月24日14時5分

 三遠ネオフェニックスシーホース三河による今季3度目の“愛知ダービー”が豊橋市総合体育館で開催。前節の大阪エヴェッサ戦で連敗を「9」で止めた三遠は、ホームで戦う今節から再び白星を伸ばしていきたい。

 第1戦は第1クォーターの9点リードを守りきれず、最終スコア68-86と18点差で敗戦を喫した三遠。ウィリアム・マクドナルドに代えてセドリック・シモンズを起用した第2戦でも最初の10分間で12点リードと好スタートに成功したが、続く第2クォーターに9得点しか奪えず同点に追いつかれた。それでも、第3クォーターに一挙28得点を奪い、最終スコア77-69で10試合ぶりの白星を獲得した。

 一方の三河は千葉ジェッツを相手に連敗。第1戦では第14節第1戦以来の100点ゲームを許し、第2戦では試合開始から一度もリードを奪えずに74-95で完敗を喫した。1試合平均12.7得点5.1アシストを挙げている帰化選手の桜木ジェイアールが4試合連続で欠場し、同18.9得点の金丸晃輔も第2戦で負傷。チームを支える2人を欠くことになれば、今節も厳しい戦いを強いられるだろう。

 リーグ全体15位の横浜ビー・コルセアーズと4ゲーム差の三遠は、今節から三河、富山グラウジーズ新潟アルビレックスBB川崎ブレイブサンダースと上位チームとの対戦が続く。残留プレーオフ争いに巻きこまれないためにも、確実に白星を挙げておきたいところだ。しかし、今季はアウェーでの12勝12敗に対し、ホームで6勝17敗と分が悪い。シーズン終盤に突入した中、ホームのファンにより多くの勝利を届けることができるか。

■ロースター
・三遠(ヘッドコーチ:藤田弘輝)
ジョシュ・チルドレス
寺園脩斗
川嶋勇人
長谷川智伸
渡邊翔太
太田敦也
岡田慎吾
ダシルバヒサシ
鈴木達也
菅野翔太
セドリック・シモンズ
ウィリアム・マクドナルド
田渡修人
近藤崚太

・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)
ジェームズ・サザランド
ケネディ・ミークス
狩俣昌也
アイザック・バッツ
村上直
森川正明
西川貴之
金丸晃輔
松井啓十郎
加藤寿一
岡田侑大
桜木ジェイアール
生原秀将
熊谷航

この試合の他の記事