2019.03.22

川崎ブレイブサンダースは連勝で勢いづきたい、レバンガ北海道はポイントを絞った守り方が必要

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

川崎ブレイブサンダースvsレバンガ北海道(@豊橋市総合体育館)
第1戦:3月23日18時5分、第2戦:3月24日16時5分

 すべて1ケタ点差ながらバイウィークを挟んで7連勝中だった川崎ブレイブサンダースは、3勝差で中地区首位に立つ新潟アルビレックスBBとの大事な直接対決に臨んだが、1戦目は第1クォーターで8点ビハインドと追う立場に回ってしまい、結局その差が最後まで響いて連勝ストップ。逆に2戦目は第1クォーターで12点リードを奪ったのが奏功した。ニック・ファジーカスが32得点19リバウンドと暴れ、前日2得点の辻直人も21得点と奮起して連敗を免れた。3勝差はそのままだが、対戦成績で2勝1敗と先行。新潟とは次節でまた相まみえるため、ムードを断ちきらないよう今節は連勝したい。

 対するレバンガ北海道は前節の横浜ビー・コルセアーズ戦で、ついに今季最長の9連敗となった。このところ落ちこみが目立っていたオフェンス面ではバイロン・ミュレンズデイビッド・ドブラスのインサイドアタックが効き、フリースローも試投数が増えた上に1戦目は成功率も向上したが、3ポイントの課題だけは前節も解消できず、2戦ともそれが勝敗に大きく影響した。もちろん、9連敗のうち横浜戦2試合を含む6試合で80失点以上のディフェンスも改善を急がなければ、残留プレーオフ圏外への脱出は難しい。

 まずは1つ勝ってトンネルを抜けだしたい北海道は、前節のようにリングにアタックする意識を持ち続けたい。ミュレンズは前節1戦目で7本、2戦目で4本のダンクを叩きこんでいる一方、3ポイントは1戦目で6本すべて外し、2戦目も8本放って成功が1本のみ。ミュレンズがペイントエリアでシュートに持ちこめる状況を、チームとしてより多く作りたいところだ。ディフェンス面では、ノーマークを見逃さない川崎のパスワークを分断できるか。特に前節2戦目で計21アシストをマークした篠山竜青と辻、長谷川技の3人は要警戒。相手のオフェンスの幅を広げないよう、ポイントを絞った守り方をする必要があるだろう。

文=吉川哲彦

■ロースター
・川崎(ヘッドコーチ:北卓也)
藤井祐眞
林翔太郎
青木保憲
篠山竜青
辻直人
谷口光貴
長谷川技
ニック・ファジーカス
バンバ・ジュフ
鎌田裕也
バーノン・マクリン
シェーン・エドワーズ

・北海道(ヘッドコーチ:内海知秀)
溝口秀人
関野剛平
山本柊輔
牧全(インジュアリーリスト)
多嶋朝飛
折茂武彦
市岡ショーン(インジュアリーリスト)
桜井良太
デイビッド・ドブラス
マーク・トラソリーニ
川邉亮平
野口大介
松島良豪
バイロン・ミュレンズ
中野司
内田旦人

この試合の他の記事