2019.03.22

ブースター仲間がいるから レバンガのある人生は素晴らしい!! 【ズボン_:(´ཀ`」 ∠):のブースターコラム】

筆者近影(3月13日、秋田市CNAアリーナ★あきたでの秋田ノーザンハピネッツ戦)
北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

■昨年5月、レバンガのアウェー最終戦に合わせて

 これは昨季、2018年5月の私のツイートです。

 レバンガのアウェー最終戦に合わせて、私が声をかけて開いたブースター交流会です。あっという間に20人の人が集まりました。そして、北海道在住の人はゼロ。東京での交流会にもこれだけの人が集まるのは、レバンガブースターならではのことではないでしょうか。

 今季、レギュラーシーズンも残り1カ月ほど。レバンガにとってはB1残留の正念場を迎えていますね。残念ながら、レバンガの黒星とともに白髪が増えてしまったズボンです。今回はブースター同士の交流について、その魅力を一人のブースター目線で紹介します。

■バスケ観戦の魅力は
 皆さんは、何を目的にバスケ観戦に足を運びますか?

 単純にバスケが観たい! 好きな選手を見てモンゼツしたい! ひたすら写真を撮りたい! 大きな声を出して応援したい! 若い男の筋肉が見たい! 若い男の血管が見たい!! 若い男が見たい!!! 若い男を見せろ!!!! 若い男を見せろ!!!!! 足を運ぶ理由はいろいろあると思いますが、私の中で大きなウェートを占めているのが、今回紹介するブースター同士の交流なのです。

■「友達ができるなんて想像もしてなかった…」
 会場で応援し始めるまで、ブースター仲間ができるなんてまったく想像もしませんでした。そして、こんなにも仲良くなれる人たちがたくさんいることに、今でもビックリしています。

13日の秋田戦でブースター仲間と

 レバンガブースターって松島良豪選手ばりにコミュニケーション能力が高すぎて、すぐに仲良くなれるのです。いや、松島選手ばりは言い過ぎました…でも本当にいい人ばかりです。

 ありがたいことに、ツイッターで知り合った人が声をかけてくださった結果、今は会場にいけば必ず知り合いがいる状態です。実はこれってすごく重要です。1人で行っても誰か知っている人がいるという安心感は、会場に足を運ぶきっかけになるのです。

 ブースター仲間には、若い人もいれば、私より年上の人もいます。日常生活では何の繋がりもない人たちが老若男女いりまじり、大好きなレバンガを応援するのは非常に楽しいことなのです。

■レラカムイ時代のベテランも
 特に私の場合、Bリーグ開幕以後の新参者(だと自負)ですので、レバンガの前身レラカムイをリアルタイムで目撃していたブースターさんから、当時の話を聞けるのは非常に楽しいですし、ありがたいことなのです。

 どんな分野でも「古参と新参は、仲良くなれない」と聞くことがよくあります。しかし、レバンガの場合はまったくそんなことがなく、古参の方からもとってもよくしていただいています。

13日の秋田戦でブースター仲間と

 新参者の私が言うのもなんですが、同じチームを応援するのに、ファン暦は全く関係ないのではないでしょうか?

■レバンガブースターの会!
 ひとたび声をかければ、東京でのブースター交流会にもたくさんの人が集まってくれます。社会に出ると仕事以外で新しく友達ができる機会ってそうそうないので、みんな嬉しいのかもしれないですね。

 冒頭のブースターの交流会も、とても盛り上がりました。好きな選手の魅力や、印象に残った試合のことなど、レバンガの話が途切れることがありませんでした。東京でもこれだけの人が集まるのは、レバンガブースターならではのことではないでしょうか

■東京でパブリックビューイング なんて無謀な企画?
 1月にバスケットボールキングさんとバスケ北海道さんが東京でのパブリックビューイング(PV)を開いてくれました。はじめにPVの話を聞いたときには正直「東京でPV開催とは、なんて無謀な企画なのだ!」と思いました。しかし、平日にも関わらず、多くのレバンガブースターが参加しました。みんなで熱く応援して結束力の強さを感じずにはいられませんでした。そのときの様子はこちらをご覧ください。
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20190124/131123.html

 北海道のホーム戦にはなかなかいけないので、私にとって、本当にありがたい企画でした。落ち着いて考えてみてください! 地元じゃない地域でPVイベントを開催して、人が集まるレバンガってすごくないですか???

■ブースター仲間と生み出せるもの
 また、アウェー戦会場での応援は、誰も先導してくれないので、その場にいるブースターで生み出す必要があります。

 今季からフリースロー成功時のコールだったり、ブーイングの仕方だったりをブースター仲間と相談して、新しく始めてみました。仲のいいブースターがいなかったら、新しい応援を始めようとはしなかったですね。もし相談なしに何かを始めたら、センスのない私、恐ろしく評判の悪い応援を発明してしまいそうです…。

 信頼できるブースター仲間がいてくれることで、人数面で不利なアウェー戦でも、選手を力づけるために一丸となって応援することができています。

 ここまで書いて私自身、レバンガと同じくらいレバンガを取り巻く人たちが大好きなんだなぁ、と改めて気がつきました。レバンガのある人生は素晴らしい!!LET’S GO LEVANGA!!

 したっけ、またね!

文・ズボン_:(´ཀ`」 ∠): (埼玉在住のレバンガ北海道ブースター)

■関連リンク
・「Don’t think. feel!」 埼玉生まれ育ちの私がレバブーになった理由 【ズボン_:(´ཀ`」 ∠):のブースターコラム】
https://basketballking.jp/news/japan/20190208/134549.html