2019.04.05

みんなで決めよう! 3月の『MONTHLY BEST of TOUGH SHOT』…抽選でG-SHOCKの最新モデルをプレゼント

国内外のバスケ情報をお届け!

 B.LEAGUE2018-19シーズンより、バスケットボールキングとカシオ計算機株式会社による共同企画をスタート。B1各節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』を月ごとでまとめ、ユーザーが対象ショットの中からナンバーワンタフショット『MONTHLY BEST of TOUGH SHOT』を決めるというものです。

 ナンバーワンショットに投票した人の中から抽選で1名様に、新たな耐衝撃構造である「カーボンコアガード構造」を採用したG-SHOCKの最新モデル『GA-2000E-4JR』を贈呈。第6回目は第25節から第31節の、以下の計35ショットが対象です。

投票はこちら

■第25節(3月2日~3日)
1位:ダバンテ・ガードナー新潟アルビレックスBB/2日名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦)
2位:アーサー・スティーブンソン横浜ビー・コルセアーズ/3日シーホース三河戦)
3位:五十嵐圭新潟アルビレックスBB/3日名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦)
4位:比江島慎(栃木ブレックス/3日三遠ネオフェニックス戦)
5位:藤井祐眞川崎ブレイブサンダース/2日サンロッカーズ渋谷戦)


 
■26節(3月8日~10日)
1位:篠山竜青川崎ブレイブサンダース/9日ライジングゼファー福岡戦)
2位:川村卓也横浜ビー・コルセアーズ/10日千葉ジェッツ戦)
3位:盛實海翔サンロッカーズ渋谷/9日新潟アルビレックスBB戦)
4位:馬場雄大アルバルク東京/10日三遠ネオフェニックス戦)
5位:宇都直輝富山グラウジーズ/10日三遠ネオフェニックス戦)


 
■27節(3月13日)
1位:比江島慎(栃木ブレックス/13日サンロッカーズ渋谷戦)
2位:マイケル・パーカー千葉ジェッツ/13日アルバルク東京戦)
3位:岡田侑大シーホース三河/13日三遠ネオフェニックス戦)
4位:辻直人川崎ブレイブサンダース/13日横浜ビー・コルセアーズ戦)
5位:高橋耕陽滋賀レイクスターズ/13日琉球ゴールデンキングス戦)


 
■28節(3月16日~17日)
1位:アイラ・ブラウン琉球ゴールデンキングス/16日ライジングゼファー福岡戦)
2位:篠山竜青川崎ブレイブサンダース/16日新潟アルビレックスBB戦)
3位:ヘンリー・ウォーカー滋賀レイクスターズ/17日富山グラウジーズ戦)
4位:ラモント・ハミルトン新潟アルビレックスBB/16日川崎ブレイブサンダース戦)
5位:川村卓也横浜ビー・コルセアーズ/17日レバンガ北海道戦)


 
■29節(3月23日~24日)
1位:田中大貴アルバルク東京/24日名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦)
2位:富樫勇樹千葉ジェッツ/23日秋田ノーザンハピネッツ戦)
3位:馬場雄大アルバルク東京/24日名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦)
4位:ロバート・サクレサンロッカーズ渋谷/23日京都ハンナリーズ戦)
5位:岡田侑大シーホース三河/24日三遠ネオフェニックス戦)


 
■30節(3月27日)
1位:スコット・モリソン琉球ゴールデンキングス/27日京都ハンナリーズ戦)
2位:宇都直輝富山グラウジーズ/27日三遠ネオフェニックス戦)
3位:ジュリアン・マブンガ京都ハンナリーズ/27日琉球ゴールデンキングス戦)
4位:アイラ・ブラウン琉球ゴールデンキングス/27日京都ハンナリーズ戦)
5位:山崎稜(栃木ブレックス/27日秋田ノーザンハピネッツ戦)


 
■31節(3月30日~31日)

1位:アーサー・スティーブンソン横浜ビー・コルセアーズ/30日川崎ブレイブサンダース戦)
2位:カディーム・コールビー秋田ノーザンハピネッツ/31日アルバルク東京戦)
3位:ライアン・ロシター(栃木ブレックス/31日千葉ジェッツ戦)
4位:ジョシュ・ハレルソン大阪エヴェッサ/30日滋賀レイクスターズ戦)
5位:富樫勇樹千葉ジェッツ/30日栃木ブレックス戦)

■投票フォーム(4月11日締め切り)
https://goo.gl/forms/s1EvCRhVP12A2LWi1

■G-SHOCK公式WEBサイト
https://g-shock.jp/

■GA-2000E-4JR

究極の強さを求めて進化を続けるタフネスウオッチG-SHOCKから、新たな耐衝撃構造として「カーボンコアガード構造」を採用した新シリーズが登場。

ケース素材に、軽量ながら樹脂の概念を越える高剛性を発揮するカーボン繊維入りファインレジンを採用。衝撃による破損、変形を防ぐことで、内部に配置したモジュールを保護します。さらに、裏蓋を二重構造とすることで、裏面への衝撃もガード。ボタン構造の耐衝撃化により、ボタンガードのない外装デザインも同時に実現しました。

また、ケース単体での耐衝撃化を可能とすることで、耐衝撃構造の一部として機能していたバンドの固定が不要となり、G-SHOCKで初めて、バンドの着脱・交換が簡単にできるスライドレバー式バンドを実現しました。

デザイン面では、立体文字板や大型フロントボタンなどを大胆に配置。力強い表情を醸し出すタフネスデザインに仕上げました。G-SHOCKの次世代スタンダードを担う新たな耐衝撃構造と、アーバンアウトドアスタイルを融合したNewモデルです。

<仕様・機能>
●耐衝撃構造(ショックレジスト)
●カーボンコアガード構造
●無機ガラス
●20気圧防水
●ケース・ベゼル材質: カーボン/樹脂
●付属バンド付き
●樹脂バンド
●針退避機能(針が液晶表示と重なって見づらいときは、針を液晶表示の上から一時的に退避させることができます)
●ワールドタイム:世界48都市(31タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、ホームタイムの都市入替機能
●ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)
●タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測)
●時刻アラーム5本・時報
●フルオートカレンダー
●12/24時間制表示切替
●操作音ON/OFF切替機能
●ダブルLEDライト:
文字板用LEDライト(スーパーイルミネーター、残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒)付き)、
LCD部用LEDバックライト(スーパーイルミネーター、残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒)付き)
●精度:平均月差±15秒
●電池寿命:約3年
●LED:ホワイト

<サイズ(高×横×奥)>
●ケースサイズ (H×W×D): 51.2×48.7×14.1mm

<質量>
●94g

MONTHLY BEST of TOUGH SHOTのバックナンバー