2019.04.20

最終節で実現した“京阪ダービー”、負けられない戦いを制するのはどちらか

国内外のバスケ情報をお届け!

大阪エヴェッサvs京都ハンナリーズ(@おおきにアリーナ舞洲)
第1戦:4月20日18時5分、第2戦:4月21日14時5分

「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19」進出に向けて負けられない30勝28敗の京都ハンナリーズ。レギュラーシーズン最終節の今節は大阪エヴェッサとの“京阪ダービー”に臨む。

 ホーム最終節の前節はライジングゼファー福岡と対戦した。第1戦はデイヴィッド・サイモンの負傷退場というアクシデントがあり、出場停止が明けた永吉佑也の11得点も実らず74-80で敗戦。福岡に12試合ぶりの白星を献上したが、第2戦は岡田優介ジュリアン・マブンガを中心に4点差でリベンジを果たした。サイモンの代わりに出場したシャキール・モリスは、ファウルアウトになりながらもマブンガとのアリウープダンクを含む16得点。マブンガは21得点10リバウンド9アシストと“トリプルダブル”に迫る活躍を見せた。

 ライジングゼファー福岡のB1ライセンス不交付により残留を決めた大阪。琉球ゴールデンキングスと対戦した前節の第1戦は、並里成アイラ・ブラウン古川孝敏を起用しなかった相手に対し、第4クォーターに22得点を挙げて4点差で制した。第2戦は前半こそシーソーゲームとなったが、後半にわずか23得点しか奪えず59-76で敗戦。合田怜が1月6日以来の出場で2戦計18得点をマークし、橋本拓哉は今季初戦で2得点を記録している。

 京都は2試合を残し、西地区3位、ワイルドカード4位。同地区2位で31勝27敗の名古屋ダイヤモンドドルフィンズには直接対決の得失点差で上回り、ワイルドカード2位で31勝27敗のシーホース三河には今季2戦2勝と優位に立っている。チャンピオンシップ進出には他チームの結果もかかわってくる中、まずは自分たちの試合に集中し、連勝しなければならない。大阪としては今季1勝3敗と分が悪い相手から勝利をつかみ、ホーム最終節をいい形で終えたい。

■CS進出の可能性が残されている4チームの最終節対戦相手
シーホース三河:31勝27敗(vs川崎ブレイブサンダース
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ:31勝27敗(vsライジングゼファー福岡
富山グラウジーズ:30勝28敗(vs三遠ネオフェニックス
京都ハンナリーズ:30勝28敗(vs大阪エヴェッサ

■京都の直接対決結果
対三河:2勝2敗(+11)
対名古屋D:3勝3敗(+2)
対富山:0勝2敗(-50)

■ロースター
・大阪(ヘッドコーチ:穂坂健祐)
今野翔太
長野誠史
藤高宗一郎
ファイ・パプ月瑠
根来新之助
木下博之
合田怜
エグゼビア・ギブソン※第1戦出場停止
熊谷尚也
畠山俊樹
ジョシュ・ハレルソン
トレバー・ムバクウェ
橋本拓哉

・京都(ヘッドコーチ:浜口炎)
伊藤達哉
晴山ケビン
綿貫瞬
鶴田美勇士
岡田優介
玉木祥護
岸田篤生
シャキール・モリス
ジュリアン・マブンガ
内海慎吾
永吉佑也
頓宮裕人
デイヴィッド・サイモン
片岡大晴

この試合の他の記事