2019.04.20

富山グラウジーズがワイルドカード2位に浮上、ホームで三遠ネオフェニックスに快勝

ライオンズとともにチームをけん引したジョシュア・スミス [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月20日に富山市総合体育館でB1リーグ第36節第1戦が行われ、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19」出場を目指す30勝28敗の富山グラウジーズ三遠ネオフェニックスと対戦した。

 第1クォーターで3点のビハインドを背負った富山だったが、続く第2クォーターはレオ・ライオンズが11得点、ジョシュア・スミスが8得点と活躍。両外国籍選手に加えて山田大治や水戸健史も得点を重ね、47-32と試合をひっくり返した。

 第3クォーターは21得点を許したものの、第4クォーターは相手を上回る25得点をマーク。最終スコア89-72で快勝し、ワイルドカード2位に浮上した。ライオンズが25得点13リバウンド、スミスが20得点13リバウンドとそろって“ダブルダブル”を達成。最終戦勝利で、自力でのチャンピオンシップ進出を決める。

【試合結果】
富山グラウジーズ 89-72 三遠ネオフェニックス(@富山市総合体育館)
富山|15|32|17|25|=89
三遠|18|14|21|19|=72

この試合の他の記事