2019.04.27

熊本ヴォルターズvs群馬クレインサンダーズは、タプスコットとケネディによるスコアラー対決が見どころ

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

熊本ヴォルターズvs群馬クレインサンダーズ(@熊本県立総合体育館)
第1戦:4月27日17時00分、第2戦:4月28日14時00分、第3戦:4月29日15時00分※2戦先勝方式

 目の前にあったB1昇格を逃してから約11カ月が経ち、熊本ヴォルターズは再びB1昇格への挑戦権を手にした。昨季とほぼ変わらないロスターにチェハーレス・タプスコットという絶対的スコアラーを加え、高いオフェンス力を武器に島根スサノオマジック広島ドラゴンフライズと西地区首位争いを展開。その後広島の脱落で島根との一騎打ちとなり、第30節の最後の直接対決で連勝したのが効き、リーグ3シーズン目で初の地区優勝を達成した。一昨季はB2プレーオフに進めず、昨季はワイルドカードでの進出。まだ若い保田尭之ヘッドコーチも含めて着実にステップアップしているだけでなく、チームの柱である小林慎太郎がケガで第5節以降の52試合を欠場した中での飛躍は驚異の一言に尽きる。

 西地区と同様に混戦模様となった東地区を制したのは、2シーズンぶりの地区優勝となった群馬クレインサンダーズ。中地区から東地区に戻った今季は茨城ロボッツ、仙台89ersとの三つ巴で推移し、その2チームが徐々に勢いを失う中でタフなディフェンスを最後まで貫きとおした。トーマス・ケネディの得点感覚はますます冴え渡り、今季は得点王のタイトルを獲得。古牧昌也新川敬大といった若手も成長の跡を見せた。中地区優勝の信州ブレイブウォリアーズと同じくライセンスの関係でB1昇格は不可能だが、平岡富士貴HCの妥協を許さない姿勢が浸透したチームはあくまでB2の頂点を目指す。

 地区王者同士の対戦となるが、今季の直接対決は群馬がホームで連敗。それも、外国籍選手だけでなく日本人選手にも満遍なくスコアされ、ディフェンスが売りの群馬としては完敗に近い内容だった。まずはディフェンスで的を絞り、不用意な失点を避けることが先決。その上で、B2の日本人では突出したポストプレーヤーである中西良太への対策が不可欠となる。そして、一番の見どころはやはりタプスコットとケネディのどちらがより多く得点を挙げるかだ。

■ロースター
・熊本(ヘッドコーチ:保田尭之)
中西良太
菊池広明
福田真生
俊野佳彦
本村亮輔
寺下太基
古野拓巳
西谷亮一
チェハーレス・タプスコット
並里祐
チリジ・ネパウエ
柿内輝心
小林慎太郎
ジョシュ・ドゥインカー

・群馬(ヘッドコーチ:平岡富士貴)
小淵雅
トーマス・ケネディ
藤原隆充
佐藤文哉
嶋田基志
アブドゥーラ・クウソー
喜久山貴一
野口夏来
佐竹宥哉
根東裕隆
古牧昌也
新川敬大

この試合の他の記事