2019.04.27

ケネディが38得点をマークした群馬クレインサンダーズ、敵地で熊本ヴォルターズを退ける

計38得点の活躍をみせたトーマス・ケネディ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月27日、熊本県立総合体育館にて「B2 PLAYOFFS 2018-19」セミファイナル第1戦が行われ、東地区王者の群馬クレインサンダーズが西地区を制した熊本ヴォルターズと対戦した。

 第1クォーターはトーマス・ケネディ佐藤文哉が躍動。2人で計25得点を積みあげ、29-21とした。第2クォーターでもケネディの勢いは止まらず、このクォーターも11得点をマーク。オフェンスをけん引し、48-39で試合を折り返した。

 第3クォーターはやや重い展開となる。それでも、ケネディを中心に攻め続け、63-52で最終クォーターへ。試合終盤、俊野佳彦に3ポイントシュートを許し、74-67とされるが、小淵雅、ケネディが与えられたフリースローを確実に沈め、82-71で試合終了。ケネディは試合をとおして、計38得点をマークし勝利に大きく貢献した。

【試合結果】
熊本ヴォルターズ 71-82 群馬クレインサンダーズ(@熊本県立総合体育館)
熊本|21|18|13|19|=71
群馬|29|19|15|19|=82

この試合の他の記事