2019.04.28

熊本ヴォルターズが1勝1敗のタイに戻す、ホームで群馬クレインサンダーズを撃破

大活躍をみせた古野 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月28日、熊本県立総合体育館では「B2 PLAYOFFS 2018-19」準決勝第2戦が行われ、第1戦を落とした熊本ヴォルターズ群馬クレインサンダーズと対戦した。

 第1クォーター開始2分59秒からチェハーレス・タプスコットが連続得点をマークして11-5とすると、福田真生チリジ・ネパウエらも続いて点差を2ケタに。続く第2クォーターは重い展開となったが、相手を上回る12得点を記録して38ー18。前半終了時点で20点のリードを奪った。

 第3クォーターは、相手を12得点に抑えるディフェンスを見せると、攻めては古野拓巳がこの10分間で17得点の大活躍。60-30の大量リードで迎えた最終クォーターは、終始余裕のある試合運びを見せ、最終スコア75-50でリベンジ成功。古野は計20得点7リバウンド6アシストと攻守に渡り活躍を見せた。

 なお、決勝進出を懸けた第3戦は、29日15時から行われる。

【試合結果】
熊本ヴォルターズ 75-50 群馬クレインサンダーズ(@熊本県立総合体育館)
熊本|26|12|22|15|=75
群馬|12|6 |12|20|=50