2019.05.04

B2王者を決める大事な一戦、マーシャルとクウソーのマッチアップに注目

信州のウェイン・マーシャル(左)と群馬のアブドゥーラ・クウソー(右) [写真]=B.LEAGUE
2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

信州ブレイブウォリアーズvs群馬クレインサンダーズ(@ことぶきアリーナ千曲)
第1戦:5月4日14時00分、第2戦:5月5日14時00分、第3戦:5月7日14時00分 ※2戦先勝方式

 過去2シーズンはB1昇格を決めた者同士で争われた「B2 PLAYOFFS 2018-19」ファイナルが、初めてB1昇格の権利を持たないチーム同士の顔合わせとなった。中地区を独走した信州ブレイブウォリアーズと、三つ巴の東地区で生き残った群馬クレインサンダーズ。B1ライセンスはなくとも、B2最強決定戦は見応えのある展開が期待される。

 セミファイナルで島根スサノオマジックを迎え撃った信州は、1戦目が61失点、2戦目が57失点とレギュラーシーズン同様の盤石のディフェンスで連勝をもぎ取った。アンソニー・マクヘンリーがオールラウンダーとして貫禄の活躍を見せれば、石川海斗は2戦計44得点9リバウンド17アシストと大車輪の働き。2戦目ではウェイン・マーシャルを加えた3人に得点が偏ってしまったのが反省点だが、ターンオーバーが2戦計11個と無駄のないオフェンスはできている。

 一方の群馬は、38得点と爆発したトーマス・ケネディの活躍で熊本ヴォルターズに先勝。2戦目はケネディが12得点に封じられて敗れ、3戦目もケネディは11得点止まりだったが、第4クォーターにアブドゥーラ・クウソー佐竹宥哉が奮闘し、白熱した試合を1点差でものにした。3戦を通じてクウソーがリバウンドやアシストにも注力し、小淵雅は司令塔としてゲームをしっかりコントロール。レギュラーシーズンではホームで連敗した熊本をアウェーで撃破し、同じくレギュラーシーズンはホームで連敗した信州とアウェーで激突することとなる。

 両者のレギュラーシーズンの対戦は実に第3節まで遡る。この時は今季3ポイントを武器にした信州が2戦計24本を成功させているのに対し、群馬は計6本と沈黙した。群馬はその精度を少しでも上げると同時に相手の確率を下げたいが、インサイドを主戦場としながら今季は3ポイントを多投しているマーシャルの守り方が難しいところ。マッチアップが見込まれるクウソーのディフェンスがカギを握る。

文=吉川哲彦

■ロースター
・信州(ヘッドコーチ:勝久マイケル)
石川海斗
栗原ルイス
佐藤託矢
飯田遼
大崎裕太
リチャード・ロビー
上杉翔
蒲谷正之
三ツ井利也
武井弘明
ウェイン・マーシャル
アンソニー・マクヘンリー
齋藤崇人

・群馬(ヘッドコーチ:平岡富士貴)
小淵雅
トーマス・ケネディ
藤原隆充
佐藤文哉
嶋田基志
アブドゥーラ・クウソー
喜久山貴一
野口夏来
佐竹宥哉
根東裕隆
古牧昌也
新川敬大

この試合の他の記事