2019.05.11

川村卓也ら6人と契約満了の横浜ビー・コルセアーズ、司令塔の田渡凌が残留

横浜での3シーズン目を迎える田渡凌 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 横浜ビー・コルセアーズは5月10日、田渡凌との契約基本合意を発表した。

 ポイントガードを本職とする現在25歳の田渡は京北高校(現東洋大学京北高校)、オローニ・カレッジ、ドミニカン大学カリフォルニア校を経て、2017年に横浜へ入団。今季のレギュラーシーズンは54試合の先発を含む全60試合に出場し、580得点(1試合平均9.7得点)157リバウンド(同2.6リバウンド)241アシスト(同4アシスト)を記録した。

 横浜での3シーズン目を迎える田渡は、クラブの公式HPを通じて「いつも沢山のご声援をいただき、心から感謝しています。この度、横浜ビー・コルセアーズと2019-20シーズンの契約をさせて頂きました。ブースター、ファン、スポンサー、スタッフ、皆さんに感謝の気持ちを忘れず、全身全霊で戦っていきます。応援よろしくお願いします」とコメント。

 また、自身のTwitterでは「先日のリリースでご存知の通り偉大な先輩達がチームを去ることになってしまいました。その分も来年は自分が横浜を背負ってやっていきます。自分だけじゃ力不足になる時がくると思います。その時は皆さん力を貸してください、一緒に戦ってください、横浜に、田渡についてきてください!気魄」とつづった。

 なお、同チームは細谷将司川村卓也高島一貴湊谷安玲久司朱アーサー・スティーブンソンブランドン・コストナーの主力6人との契約満了を発表。田渡には今季以上の活躍が期待される。