2019.05.12

越谷アルファーズがB2昇格! 一発勝負の入替戦で東京八王子ビートレインズを撃破

初のB2昇格を決めた越谷[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 5月12日、横浜アリーナにて「B2・B3入替戦 2018-19」が行われ、今季B3リーグ所属の越谷アルファーズが、B2の東京八王子ビートレインズと対戦した。

 勝てば初のB2昇格となる越谷は、試合開始からエンジン全開。鮫島宗一郎の3ポイントで先制点を奪うと、ジョシュ・ペッパーズ、カイル・リチャードソンが続き、いきなり14-0のランを記録した。残り2分21秒時点で23-7としたが、終盤は八王子に立て直されて同23秒に11点差まで詰められる。それでも、最後は鳴海亮がブザービーターの3ポイントを沈めて30-16で最初の10分間を終えた。

 続く第2クォーターは、先制点を許したアレクサンダー・ジョーンズに計8得点を献上。相手ガード陣にも得点を伸ばされたが、リチャードソンのフリースロー、鳴海の3ポイントなどで点差をキープする。すると、第1クォーター同様、終了間際にダメージを与える得点を挙げ、49-37で試合を折り返した。

アレクサンダー・ジョーンズは29得点19リバウンドと奮闘したが、残りの選手が1ケタ得点にとどまった[写真]=B.LEAGUE

 第3クォーターは開始39秒から連続得点を浴び、開始約2分間で8点差に追いあげられる。その後は点を取り合ったが、残り5分43秒からリチャードソンと飯田鴻朗で連続6得点、長谷川武が3ポイントをマーク。11点リードで第4クォーターへ。

 最後の10分間も、試合終了残り2分を切った時点で75-64とした越谷。最後は昇格へのラストスパートをかけるようにペッパーズが立て続けに得点を奪うと、残り20秒には今季限りで現役引退を表明している坂本裕基が得点を記録し、最終スコア86-64で試合終了。一発勝負をものにし、B2昇格を決めた。

【試合結果】
東京八王子ビートレインズ 64-86 越谷アルファーズ(@横浜アリーナ)
八王子|16|21|17|10|=64
越谷 |30|19|16|21|=86