2019.05.13

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、今季加入の菊池真人と満田丈太郎が残留…在籍2季目へ

名古屋D残留が決まった菊池と満田(左から)[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズは5月13日、菊池真人満田丈太郎との契約更新を発表した。

 現在29歳の菊池は、日本大学東北高校卒業後の2008年に郡山クラブでキャリアをスタート。その後はデイトリックつくば、仙台89ERSサンロッカーズ渋谷でプレーし、今季から名古屋Dに加入した。レギュラーシーズンでは、計57試合の出場で126得点(1試合平均2.2得点)をマークした。

 同選手は、名古屋Dの公式HPにて「今シーズンは不甲斐ないプレーが多くとても悔しい思いをしましたが、来シーズンは自分に与えられた役割をしっかり果たして、チームの勝利に貢献を出来るような選手になりたいと思います」と意気込みを述べた。

 188センチ83キロの満田は、筑波大学4年次の2017年1月に特別指定選手として横浜ビー・コルセアーズに加入。今季開幕前から名古屋に移籍した。在籍1年目は、レギュラーシーズン56試合に出場して、計173得点(同3.1得点)を挙げた。満田は「今シーズン超えられなかったカンファレンス優勝、チャンピオンシップ1回戦突破を成し遂げられるように頑張りたいと思います」とコメントした。