2019.05.15

『あひるの空』特別インタビュー「アニメ化でバスケ人口が増えて盛り上がることはすごくうれしいです」富樫勇樹

「『あひるの空』のアニメ化でバスケ人口が増えて盛り上がることはすごくうれしいので期待しています」と語った富樫勇樹 [写真]=兼子慎一郎
2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

大人気バスケマンガ『あひるの空』のアニメ化の詳細がついに発表された。今秋、オンエアが開始されるという。そこで、Bリーグを代表して千葉ジェッツ富樫勇樹選手に『あひるの空』の思い出を語ってもらった。さらに作品の感想やアニメ化に向けてのメッセージもゲットした。それでは早速インタビューをお届けしよう。

取材・文=吉川哲彦
写真=兼子慎一郎

――バスケットボールを始めた時期、バスケが好きな理由を教えてください。
富樫
 始めたのは小学校1年生の時です。父がバスケの指導者ということがきっかけで、やりたいというよりはまずミニバスケットに半ば無理やり(笑)連れていかれました。好きな理由は…難しいですね。初めて聞かれたかもしれないです。でも習い事も他にやっていなかったですし、スポーツもバスケしかやっていなかったので、自然となくてはならないものになっていきましたね。それで今の自分があります。個人スポーツではなくチームスポーツというところが自分にとっては良かったのかなと思います。

――『あひるの空』の読者の皆さんにBリーグ、バスケの魅力を一言で伝えてください。
富樫
 Bリーグに関しては、リーグが一つになったことでエンターテイメント性にこだわるクラブが多くなってきたので、会場に来ていただければ野球やサッカーとは違うアリーナスポーツの良さ、その空気感を楽しんでもらえると思います。バスケは得点が多く、展開も早い。一瞬で流れが変わってしまうところが魅力ですね。

――『あひるの空』の感想を聞かせてください。そしてアニメ化に向けて応援コメントをお願いします。
富樫
 マンガの影響でバスケを始めるという話はよく聞きますよね。『あひるの空』のアニメ化でバスケ人口が増えて盛り上がることはすごくうれしいので期待しています。ていうかまだアニメ化されていなかったんですね(笑)。

あひるの空のバックナンバー