2019.05.16

『あひるの空』特別インタビュー「同じポジションということもあって、僕は車谷空が好きです」安藤周人

バスケが好きな理由を「一番はやっぱりシュートを決めた時のうれしさですね」と語った安藤周人 [写真]=兼子慎一郎
2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

大人気バスケマンガ『あひるの空』のアニメ化の詳細がついに発表された。今秋、オンエアが開始されるという。そこで、Bリーグを代表して名古屋ダイヤモンドドルフィンズ安藤周人選手に『あひるの空』の思い出を語ってもらった。さらに作品の感想やアニメ化に向けてのメッセージもゲットした。それでは早速インタビューをお届けしよう。

取材・文=吉川哲彦
写真=兼子慎一郎

――バスケットボールを始めた時期、バスケが好きな理由を教えてください。
安藤
 小学校4年生の時です。兄の影響もあったんですが、家族全員がバスケをやっていて、家の前にゴールもあったので自然と始めました。バスケが好きな理由はたくさんあるのですが、一番はやっぱりシュートを決めた時のうれしさですね。今はプロの舞台でやっていますが、始めた当初は1本入るのが本当にうれしかった。シュートを決める喜びが一番の理由です。

――『あひるの空』の読者の皆さんにBリーグ、バスケの魅力を一言で伝えてください。
安藤
 エンターテイメント性という部分が他の競技とは違うところだと思います。室内でライブ感のあるエンターテイメントを見ることができるので、来ていただいたら楽しんでいただけると思いますし、各会場のいろんな演出を楽しんでもらいたいです。バスケはスピード感のある競技で、コートから1メートルくらいの距離で見られるので選手同士がぶつかる音やバッシュの音も聞こえてくる。選手と一緒にコートに立っているような雰囲気が味わえると思います。

――『あひるの空』の感想を聞かせてください。そしてアニメ化に向けて応援コメントをお願いします。
安藤
 同じポジションということもあって、僕は主人公の車谷空が好きです。連載開始のころのシュートを打つシーンをみて「自分にもこんな時があったな」と思いながら読みました。アニメもぜひ見てみたいです。

あひるの空のバックナンバー