2019.05.18

琉球ゴールデンキングス、今季途中加入の外国籍選手2人を自由交渉リストへ公示

スコット・モリソン(左)、ケビン・ジョーンズ(右)が自由交渉選手リストへ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 琉球ゴールデンキングスは5月17日、スコット・モリソンケビン・ジョーンズの2選手を自由交渉選手リストへ公示したことを発表した。

 211センチ112キロのモリソンは、ポートランドステイト大学卒業後の2008年からハンガリーやドイツなどヨーロッパのチームを中心にプレーすると、2014年に来日し、アイシンシーホース三河(現シーホース三河)、秋田ノーザンハピネッツ三遠ネオフェニックス熊本ヴォルターズに在籍。今季途中に琉球へ移籍し、7試合の先発を含む計8試合に出場した。

 ジョーンズは203センチ116キロのパワーフォワード。ウェストバージニア大学卒業後の2012年にDリーグ(現Gリーグ)でキャリアをスタートさせ、2012-13シーズンはクリーブランド・キャバリアーズでもプレーした。その後はフィリピンやフランスなどのチームを渡り歩き、今季途中に琉球へ移籍。15試合の先発を含む27試合に出場し、計353得点(1試合平均13.1得点)247リバウンド(同9.1リバウンド)をマークした。