2019.05.22

レバンガ北海道、今季平均6.4アシストの松島良豪が契約合意…中野司と川邉亮平の残留も決定

北海道が中野、川邉、松島(左から)との契約合意を発表 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 レバンガ北海道は5月22日、中野司川邉亮平松島良豪の計3人が契約合意に至ったことを発表した。

 184センチ83キロの中野は、関西学院大学在学中の2019年2月に特別指定選手として北海道へ入団。レギュラーシーズンは10試合の先発を含む19試合に出場し、48得点(1試合平均2.5得点)をマークした。

 川邉は188センチ90キロのスモールフォワード。在籍3シーズン目の今季は57試合の出場で197得点(同3.5得点)123リバウンド(同2.2リバウンド)84アシスト(同1.5アシスト)を挙げた。

 松島はポイントガードを本職とする27歳で、2015年に兵庫ストークス(現西宮ストークス)から北海道へ移籍。在籍4シーズン目の今季はケガの影響もあり37試合の出場にとどまったものの、204得点(同5.5得点)235アシスト(同6.4アシスト)を記録した。

 なお、3人は23日に行われる会見でコメントを発表する。