2019.05.23

今季平均27.9得点を記録したB2MVPのケネディ、新天地は広島ドラゴンフライズに決定

群馬には計4シーズン在籍したトーマス・ケネディ[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 広島ドラゴンフライズは5月23日、元群馬クレインサンダーズトーマス・ケネディとの契約合意を発表した。

 現在32歳のケネディは、201センチ95キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。2011-12シーズンに岩手ビッグブルズに入団すると、その後は横浜ビー・コルセアーズ島根スサノオマジック千葉ジェッツ新潟アルビレックスBBでプレーした。2015年から群馬に移籍し、今季は「B2 PLAYOFFS 2018-19」を含む全65試合に先発出場。レギュラーシーズンでは計1673得点(1試合平均27.9得点)を挙げる活躍を見せ、得点王と最優秀選手賞に選出されたが、5月15日付けで契約満了に伴い自由交渉選手リストへ公示された。

 新天地が決まったケネディは、広島の公式HPをとおして「広島ドラゴンフライズという素晴らしいクラブで来季プレーができることを心から嬉しく思っています。ファンやスポンサーの皆さま、チームメイト、コーチングスタッフ、そして球団スタッフの皆さんと一丸になってB2優勝を成し遂げます」と意気込みを述べた。