2019.05.24

アルバルク東京、今季途中加入のシェーファーアヴィ幸樹と継続契約「もっと成長して、強くなった姿を」

A東京と継続契約を結んだシェーファー [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 アルバルク東京は5月24日、昨年12月19日に加入が発表されたシェーファーアヴィ幸樹と契約継続を締結した。

 兵庫県出身のシェーファーは、205センチ105キロの体格を誇るパワーフォワード。セント・メリーズ・インターナショナルスクール卒業後に、ジョージア工科大学へ進学すると、2018年6月には「バスケットボール男子日本代表国際強化試合2018」でフル代表デビューを飾った。A東京には、大学を休学して加入することを決断し、今季途中からA東京に入団すると、レギュラーシーズン計14試合に出場した。

 残留が決まった同選手は、クラブ公式HPをとおして「シーズン途中で加入して上手くいかないことも多かった自分を常にサポートしてくださったファンの皆様にはとても感謝しています!来シーズンはもっと成長して、強くなった姿を皆さんに見せられるように頑張りたいと思うので、これからも引き続き応援よろしくお願いします!」とコメントした。

 なお、A東京は併せて田中大貴との選手契約継続も発表した。