2019.05.27

ケガに苦しんだ市岡ショーン、レバンガ北海道に残留決定「勝利に貢献したい」

北海道との契約合意が発表された市岡ショーン [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 レバンガ北海道は5月27日、市岡ショーンとの契約合意を発表した。

 市岡はパワーフォワードを本職とする28歳で、栃木ブレックス、トヨタ自動車アルバルク(現アルバルク東京)、シーホース三河を経て、2018-19シーズンに北海道へ加入した。今季は2018年11月に日本代表に選出されたものの、同年12月に負傷してインジュアリーリスト入り。19試合の出場で54得点(1試合平均2.8得点)65リバウンド(同3.4リバウンド)を挙げるにとどまった。

 残留が決まった同選手は、チームの公式HPを通じて「2019-20シーズンもレバンガ北海道でプレーできることを嬉しく思います。昨シーズンは、チームとしてもタフな内容でしたし、個人的にも怪我で難しいシーズンになってしまいました。今シーズンは、しっかりと怪我から復帰してより強くなり、どのような形でもチームの勝利に貢献したいと思います」と意気込みを語った。

BASKETBALLKING VIDEO