2019.06.03

富山グラウジーズ、前田悟と葛原大智が契約基本合意…若手2人が残留へ

22歳の前田(左)、23歳の葛原(右)が契約基本合意 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 富山グラウジーズは6月3日、葛原大智前田悟との選手契約が基本合意に達したことを発表。メディカルチェックや諸手続きなど終了後に契約を締結する。

 葛原は187センチ84キロでシューティングガードを本職とする23歳。大東文化大学在学中の2017-18シーズン途中に特別指定選手として富山に加入すると、2018-19シーズンは56試合の出場で199得点(1試合平均3.6得点)83リバウンド(同1.5リバウンド)を挙げた。

 現在22歳の前田は、190センチ87キロの体格を誇るスモールフォワード。青山学院大学4年次の2019年1月に富山と特別指定選手契約を結び、7試合に出場した。

 残留が決まった若手2人は、チームの公式HPで次のようにコメントした。

「2019-2020シーズンも、富山グラウジーズの一員としてプレーできることを誇りに思います。このような機会を与えてくださったチーム関係者の方々に感謝するとともに、ブースターの方々の為にも闘志溢れるプレーをコートで体現し、CSで一つでも多くの勝ち星を挙げられるよう頑張ります。引き続き熱いブーストよろしくお願いします」(葛原)

「昨シーズンは沢山の応援ありがとうございました。2019-2020シーズンも富山グラウジーズでプレーさせて頂く事になりました。個人としてとても成長出来るシーズンだと思うので、このチームでプレー出来る事に感謝し日々努力したいと思います。応援よろしくお願いします」(前田)