2019.06.09

35歳の佐藤公威、島根スサノオマジックと契約基本合意…坂田央は在籍2季目へ

来季も島根でプレーする佐藤と坂田(左から)[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 島根スサノオマジックは6月7日、佐藤公威坂田央との契約基本合意を発表した。

 現在35歳の佐藤は、187センチ83キロのシューティングガード。新潟工業短期大学卒業後、新潟アルビレックスBBで計9シーズン、大分ヒートデビルズで計3シーズンを過ごした。2017-18シーズン開幕前に新潟から島根へ移籍。今季のレギュラーシーズンは31試合の先発を含む58試合の出場で374得点(1試合平均6.4得点)100リバウンド(同1.7リバウンド)71アシスト(同1.2アシスト)をマークした。

 193センチ90キロの坂田は、日本大学卒業後の2014年に広島ドラゴンフライズに入団。島根には今シーズンから加入し、レギュラーシーズン計24試合の出場で113得点(1試合平均4.7得点)を記録した。

 残留が決まった2選手は、クラブの公式HPにて以下のようにコメントした。

「今シーズンも、島根スサノオマジックでプレーをさせて頂くことになりました。3シーズン目。過去B1、B2と経験をしてきて、今季からまたB1の舞台でプレーできる事をとても楽しみにしています。またプレーをする場を与えて下さった中村社長、また何度も連絡をして頂き、信じて待っていてくれた方々、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。プレーすると決めた以上、更なる覚悟を持って、今までの経験を最大限に活かし、パフォーマンスできる様、今まで以上に島根の為、チームの為、そして自分の為に全力で戦っていきます。今シーズンも宜しくお願い致します」(佐藤)

「2019-20シーズンも再び島根スサノオマジックでプレーさせて頂くこととなりました。いつも応援して下さっている方々に感謝の気持ちを忘れず、僕の笑顔とプレーで皆さんをドキドキワクワクさせられるよう、全力で頑張ります!今シーズンも熱いご声援をよろしくお願いします」(坂田)