2019.06.10

エドワーズ、千葉ジェッツと契約継続…在籍2季目は平均13.8得点7.9リバウンド

千葉での3シーズン目を迎えるギャビン・エドワーズ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 千葉ジェッツは6月10日、ギャビン・エドワーズとの契約継続を発表した。

 現在31歳のエドワーズは、206センチ110キロの体格を誇るパワーフォワード。コネチカット大学卒業後の2010年から韓国、ウクライナ、Dリーグ(現Gリーグ)、ギリシャ、マレーシアのチームを渡り歩き、2013年にアイシンシーホース三河(現シーホーク)へ加入した。同チームに4シーズン在籍し、2017-18シーズンに千葉へ移籍。昨季は59試合の出場で817得点(1試合平均13.8得点)466リバウンド(同7.9リバウンド)199アシスト(同3.4アシスト)を挙げた。

 千葉での3シーズン目を迎える同選手は、チームの公式HPを通じて「千葉ジェッツふなばしで引き続きプレーできること、また、私たちの究極の目標を一緒に達成できることを大変嬉しく思います。皆さんのこれまでのご支援ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!」とコメントした。

 なお、エドワーズに加え、ジョシュ・ダンカン富樫勇樹マイケル・パーカー田口成浩大宮宏正西村文男藤永佳昭原修太小野龍猛の計10人が残留。晴山ケビンコー・フリッピンの加入も決まっている。