2019.06.12

京都ハンナリーズが永吉佑也の残留を発表…岡田優介、内海慎吾に続く3人目の契約合意選手

京都での3シーズン目を迎える日本人ビッグマンの永吉 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 京都ハンナリーズは6月12日、永吉佑也との契約合意を発表した。

 現在27歳の永吉は、198センチ115キロの体格を誇るビッグマン。延岡学園高校、青山学院大学を経て、2014年に東芝ブレイブサンダース神奈川(現川崎ブレイブサンダース)でキャリアを始めた。同チームで計3シーズン過ごし、2017年に京都へ移籍。2018-19シーズンは開幕前、日本代表の一員として参加していた「第18回アジア競技大会(夏季大会)」で不祥事を起こして1年間の出場権はく奪となったものの、2019年4月に処分が解除されてレギュラーシーズン4試合に出場した。

 京都での3シーズン目を迎える同選手は、チームの公式HPを通じて「今シーズンも京都ハンナリーズでプレーできることを嬉しく思います。私自身、京都へ来て3年目となり、年々京都への愛着が増してきているように思います。応援してくださる皆様と共に戦える日を楽しみにしています」とコメントした。

 なお、永吉のほか、岡田優介内海慎吾の残留もすでに決まっている。