2019.06.18

19-20シーズンのB2プレーオフ、CS同様に8チームが出場へ

2018-19シーズンのB2プレーオフを制した信州 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 6月18日、Bリーグの理事会に関するメディアブリーフィングが行われた。

 2019-20シーズンにおけるB2プレーオフの出場チーム数が変更。2018-19シーズンまでの3シーズンは各地区1位とワイルドカード1チームの計4チームが出場していた。しかし今回の変更で、B1チャンピオンシップ同様、各地区上位2位とワイルドカード2チームの計8チームが出場することになる。

 昨季の順位では、東地区から群馬クレインサンダーズ仙台89ERS、中地区から信州ブレイブウォリアーズFイーグルス名古屋、西地区では熊本ヴォルターズ島根スサノオマジック。そしてワイルドカード枠として茨城ロボッツ西宮ストークスの2チームを合わせた計8チームが出場することになる。

 Bリーグの大河正明チェアマンは“消化試合”を減らすことや終盤戦の盛りあがりに期待を寄せ、「1つでも多くのチームにB1にチャレンジする権利が得られる」とコメントした。

 なお、B1チャンピオンシップは変更なし。昨季までと同じく8クラブによって争われる。