2019.06.18

司令塔の石川海斗、新天地が決定…熊本ヴォルターズと2年契約

信州から熊本へ移籍するB2プレーオフMVPの石川 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 熊本ヴォルターズは6月18日、Bリーグの自由交渉選手リストに公示されていた石川海斗との契約合意を発表した。契約期間は2年。

 石川はポイントガードを本職とする28歳。明成高校、日本大学を経て、2013年に日立サンロッカーズ東京(現サンロッカーズ渋谷)でキャリアをスタートさせた。その後は岩手ビッグブルズ仙台89ERSでもプレーし、2018-19シーズンに信州ブレイブウォリアーズへ入団。レギュラーシーズンは59試合の先発出場で716得点(1試合平均12.1得点)108リバウンド(同1.8リバウンド)388アシスト(同6.6アシスト)60スティール(同1スティール)を挙げ、平均18得点8.3アシストの成績を残した「B2 PLAYOFFS 2018-19」の4試合ではMVPを獲得した。

 新天地が決まった同選手は、チームの公式HPを通じて次のようにコメントした。

「まず初めに、今回のオファーを頂いた熊本ヴォルターズ、そしてウチニッチヘッドコーチには深く感謝します。バスケットで熊本を元気にしたい、そして皆さんが望んでるB1昇格という目標に一緒に戦っていきたいと思います」

「ただし、その目標は簡単に達成出来る事ではないと思っています。この目標達成する為に、ヘッドコーチ・チームメイト・チームスタッフ・フロントスタッフ・スポンサー様各位・熊本県民の皆様と、毎日、1日1日を切磋琢磨し、毎日ステップアップしていけるように頑張ります!熊本の皆さんに応援していただけるように頑張ります!Let’s go Volters!!」