2019.07.30

アルバルク東京、29歳のセルビア代表選手を獲得…206センチ110キロのPF

アルバルク東京との契約基本合意が発表されたミラン・マチュワン [写真]=FIBA
国内外のバスケ情報をお届け!

 アルバルク東京は7月30日、ミラン・マチュワンとの契約基本合意を発表した。

 現在29歳のマチュワンは、206センチ110キロのパワーフォワード。2011年のNBAドラフトでクリーブランド・キャバリアーズから2巡目54位で指名された経歴を持つ。主にセルビアやイスラエルなどヨーロッパのチームでプレー。2017年からはドイツのバイエルン・ミュンヘンに在籍していた。

 また、セルビア代表としても活躍し、2007年のU19ワールドカップでは優勝に貢献するとともにMVPを受賞した。2016年リオデジャネイロオリンピックでは銀メダルを獲得。「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」のヨーロッパ予選でも2試合で平均12得点3.5リバウンド4.5アシストをマークした。

 同選手はチームの公式HPを通じて「2シーズン連続チャンピオンチームであるアルバルク東京のメンバーとしてプレーする機会を与えていただいたクラブ、ルカHCに感謝しています。今シーズンも最高の結果を残せるように日々全力で取り組む事を約束します。クラブの目標達成に向けて一日も早くチームに溶け込み勝利に貢献したいと思います。ファンの皆さんに会える日を楽しみにしています。あたたかい応援よろしくお願いします」とコメントした。

 なお、マチュワンのほか、須田侑太郎ジェフ・エアーズも新戦力としてチームに加わっている。