2019.08.07

レバンガ北海道、3人目の外国籍選手が決定…シーホース三河でプレーしたミークスを獲得

三河での昨季は平均14.7得点11リバウンドを挙げたケネディ・ミークス [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 レバンガ北海道は8月7日、ケネディ・ミークスとの契約合意を発表。来日後のメディカルチェックを経て、正式な契約を締結する。

 現在24歳のミークスは、208センチ122キロの体格を誇るパワーフォワード兼センター。ノースカロライナ大学卒業後、2017-18シーズンはGリーグのラプターズ905でプレーした。2018-19シーズンにシーホース三河へ入団し、37試合の出場で543得点(1試合平均14.7得点)406リバウンド(同11リバウンド)195アシスト(同5.2アシスト)をマーク。シーズン終了後、シャーロット・ホーネッツの一員としてNBAサマーリーグ2019に参加していた。

 同選手はチームの公式HPで「北海道のファンの皆さん、まずはこの貴重な機会をいただいたことへの感謝を伝えたいと思います。コート上での自身のプレーの成長と、この素晴らしいクラブとの結びつきを深められることを期待しています。日本は大好きですし、チームに今シーズン多くの成功をもたらせることができるよう貢献したいです。楽しみながら最高のシーズンにしましょう!」とコメントした。

 なお、北海道はミークスのほか、ファイ・パプ月瑠橋本竜馬マーキース・カミングスも新戦力としてチームに加入。中野司多嶋朝飛折茂武彦市岡ショーン桜井良太マーク・トラソリーニ内田旦人川邉亮平松島良豪の計9人が残留している。