2019.08.09

新潟アルビレックスBB、22歳の外国籍選手が新加入…サマーリーグに出場した大卒ルーキー

新潟との契約合意が発表されたニューヨーク州立大学バッファロー校出身のニック・パーキンズ [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 新潟アルビレックスBBは8月8日、ニック・パーキンズとの契約合意を発表した。

 現在22歳のパーキンズは203センチ103キロのパワーフォワードで、2015-16シーズンからニューヨーク州立大学バッファロー校で4シーズンプレー。2018-19シーズンは1試合平均14.7得点7.4リバウンドを記録し、ロサンゼルス・レイカーズの一員として出場したNBAサマーリーグ2019では同9.6得点5.2リバウンドをマークした。

 日本でキャリアを始める同選手は、チームの公式HPを通じて「新潟アルビレックスBBの一員になれたことを嬉しく思うと同時に、チームメイト、スタッフ、そしてブースターの皆様全員で今シーズンを戦えることをとても楽しみにしています。今シーズンは高いレベルで競い合い、チャンピオンシップ進出・リーグ優勝を目指して戦います。新潟アルビレックスBBブースターの皆様、応援よろしくお願いします」とコメントした。

 なお、新潟は柏木真介五十嵐圭髙橋浩平鵜澤潤石井峻平森井健太上江田勇樹今村佳太池田雄一ラモント・ハミルトンの計10人が残留。ダバンテ・ガードナー渡辺竜之佑山口祐希の3人が退団している。