2019.08.09

シーホース三河に3人目の外国籍選手、かつてヒートやウォリアーズでプレーしたPFと契約合意

三河との契約合意が発表されたミッケル・グラッドネス[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 シーホース三河は8月9日、ミッケル・グラッドネスとの選手契約合意を発表。正式契約はメディカルチェック後となる。

 アメリカ出身で現在33歳のグラッドネスは、主にパワーフォワードを主戦場としている。これまでマイアミ・ヒートやゴールデンステイト・ウォリアーズに所属した経歴を持ち、中国、スペインなどでもプレー。昨年度はポルトガルのクラブに所属していた。

 三河加入が決まった同選手は、クラブの公式HPにて「シーホース三河のチーム、選手、ブースターについてたくさんの素晴らしいことを聞き、この偉大なクラブに加わることに、とても興奮しています。強いこのチームに参加することを待ちきれません。チャンピオンシップで優勝するという共通の目標に向かい、チームをさらに強くすることに貢献します」とコメントした。

 なお、三河はグラッドネスとの正式契約を締結すれば、同選手に加えアイザック・バッツダバンテ・ガードナーの計3名の外国籍選手をロースターにそろえる。