2019.08.29

サンロッカーズ渋谷、新たに外国籍ビッグマンが加入「すべてをコート上で発揮したい」

オーストラリアリーグやGリーグでプレー経験があるチャールズ ・ ジャクソン [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 サンロッカーズ渋谷は8月29日、チャールズ・ジャクソンとの契約締結を発表した。

 アメリカ出身で26歳のジャクソンは、208センチ102キロの体格を誇るセンター。テネシー工科大学卒業後の2015年にオーストラリアリーグでキャリアをスタートさせると、Dリーグ(現Gリーグ)やトルコのチームを渡り歩き、昨季はドイツ1部のテレコム・バスケッツ・ボンでプレーした。

 入団に際し、同選手はクラブ公式HPにて「まずサンロッカーズでプレーする機会をいただいたことに感謝します。素晴らしいサンロッカーズファンの皆さんと迎える新シーズンが待ちきれません。自分のできるすべてをコート上で発揮したいと思います!!Go Sunrockers!!!」と意気込みを述べた。

 なお、ジャクソンの加入により、日本代表候補に選出されたベンドラメ礼生を筆頭に、ファイサンバ杉浦佑成広瀬健太ライアン・ケリー山内盛久田渡修人渡辺竜之佑関野剛平野口大介石井講祐セバスチャン・サイズの13名がロースターに名を連ねている。