2019.09.16

熊本ヴォルターズがアーリーカップ連覇達成、決勝で島根スサノオマジックを退ける

連覇を達成した熊本[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月16日に飯塚第一体育館にて「B.LEAGUE EARLY CUP 2019 NISHINIHON」の決勝戦が行われ、熊本ヴォルターズ島根スサノオマジックと対戦した。

 第1クォーターはボビー・ジョーンズ小林慎太郎の連続得点もあり、7点のリードで終了。第2クォーターは一時ペースを崩すも、中西良太石川海斗が着実にスコアを重ね、34ー28でハーフタイムへ。

 第3クォーターは開始早々に4点差まで詰められるが、この10分間は9失点にとどめ、10点のリードで最終クォーターへ。47ー37で迎えた最終クォーター、開始OR残り9分46秒に小林の3ポイントが決まると、柿内輝心も続きリードを拡大。その後は追いすがる島根を振りきり、最終スコア68ー59で勝利。熊本がアーリーカップ連覇を達成した。

 なお、同日行われた3位決定戦では、広島ドラゴンフライズライジングゼファー福岡を80ー60で下した。

■試合結果
熊本ヴォルターズ 68-59 島根スサノオマジック
熊本|18|16|13|21|=68
広島|11|17| 9|22|=59