2019.10.11

新アリーナでの初開催試合、滋賀レイクスターズは狩野祐介がキーマン

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

滋賀レイクスターズvs宇都宮ブレックス(YMITアリーナ)
第1戦:10月12日14時5分、第2戦10月13日13時10分

 滋賀レイクスターズにとっては厳しいスタートになったと言わざるを得ない。開幕節からライバル対決となった京都ハンナリーズ戦は無念の連敗。齋藤拓実シェーファーアヴィ幸樹佐藤卓磨の若手3人は2戦を通じて躍動を見せたが、1戦目はチャールズ・ローズのファウルトラブルなどで後半に失速した。2戦目も劣勢で進む中、ローズのファウルアウトに加えて第4クォーター残り4分6秒にはヘンリー・ウォーカーが小競り合いで退場を宣せられる事態も発生。その後日本人選手だけで15点差を必死に縮めていったが3点及ばなかった。昨季まで弱点だった3ポイントの精度の低さが発現してしまったのも、この2戦の敗因の1つだ。

 宇都宮ブレックスも連敗で開幕節を終える苦しい出だし。こちらは2戦ともに後半に勢いを失い、リーグ全体の開幕戦となった1戦目は後半だけで19点差をつけられた。中2日空けて行われた2戦目は第3クォーターに攻守両面で圧倒しながら、第4クォーターは残り6分34秒の比江島慎の得点を最後に沈黙し、そこから20点を連取されてまさかの逆転を許した。1戦目は3ポイントの確率が低く、2戦目はターンオーバーを量産するなど、昨季までの宇都宮らしさが失われていた感は否めない。

 滋賀のホーム開幕は、この夏に開館したYMITアリーナでの初開催。新アリーナにいいイメージを植えつけるためにも、このホーム開幕節は重要だ。前節に浮き彫りになった課題を考えると、アウトサイドシュートの確率をいかにして上げるか、特にシューターの狩野祐介が宇都宮の厳しいマークをかいくぐることができるかどうかが大きなポイントになるだろう。また、ウォーカーが出場停止となる1戦目ではシェーファーのさらなる活躍と荒尾岳の奮起も求められる。宇都宮も連敗のショックを払拭すべくハードに戦ってくることは間違いなく、滋賀は古巣に挑むショーン・デニスヘッドコーチが選手の強い気持ちを引き出さなければならない。

文=吉川哲彦

■ロースター
・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
齋藤拓実
狩俣昌也
シェーファーアヴィ幸樹
佐藤卓磨
ヘンリー・ウォーカー※第1戦出場停止
中村功平
谷口光貴
チャールズ・ローズ
高橋耕陽
荒尾岳
狩野祐介
伊藤大司

・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)
田臥勇太
ジェフ・ギブス
比江島慎
遠藤祐亮
竹内公輔
田原隆徳
渡邉裕規
鵤誠司
橋本晃佑
ライアン・ロシター
栗原貴宏※インジュアリーリスト
山崎稜
喜多川修平
シャブリック・ランドルフ

この試合の他の記事