2019.10.12

今シーズン初勝利に向けて千葉ジェッツがアウェイでシーホース三河に挑む

国内外のバスケ情報をお届け!

シーホース三河 vs 千葉ジェッツ(@ウイングアリーナ刈谷)
第1戦:10月13日14時5分、第2戦:10月14日14時5分※12日から延期

 開幕節では敵地・沖縄に乗り込んだシーホース三河は、琉球ゴールデンキングスと対戦し1勝1敗。初戦こそ序盤からペースをつかんで71-61と10点差で勝利を収めたが、2戦目は競った展開の中から後半に逆転負けを喫し、76-80で惜敗した。

 その三河は、第2節でホームコートに昨シーズン準優勝の千葉ジェッツを迎え入れる。三河は今シーズン、昨シーズンの得点王であるダバンテ・ガードナーを獲得。ガードナーは、開幕節では第1戦で21得点、第2戦でも23得点を挙げて期待に応えた。また、昨シーズンのレギュラーシーズン・ベスト5である金丸晃輔も健在。オールラウンドな動きで開幕節2試合は平均17.5得点を叩き出している。

 金丸同様に破壊力のある攻撃を仕掛ける川村卓也岡田侑大らも元気なところを見せており、川村を合わせた“オフェンス・トリオ”は、試合を重ねるごとにプレーがかみ合ってくれば、さらにチームとしての得点力もアップするだろう。

 一方の千葉は、サンロッカーズ渋谷との開幕戦に2連敗。第1戦は80-88、第2戦では78-83といずれも接戦を落とす形となった。今シーズン加入し、身体能力の高いコー・フリッピンは、まだ本領発揮とはいかず。SR渋谷との2試合ではギャビン・エドワーズの奮起が目立った。他にも第1戦ではジョシュ・ダンカンが16得点、第2戦ではニック・メイヨが24得点と気を吐いており、さらにシーズン前に手の骨折というケガを負ったポイントカードの富樫勇樹も開幕節には元気に出場。2試合ともに約30分出場、アシストだけでなく得点でも第1戦で19得点、第2戦では16得点と千葉のオフェンスを盛り立てた。

 とはいえ、連敗スタートとなった千葉はこの第2節で今シーズンの初白星を飾りたいところ。対する三河も今シーズン初となるホームゲームだけに負けるわけにはいかない。千葉は3ポイントシュートを得意とする田口成浩、対する三河もさらなる爆発が期待される川村など、どちらもフォワードの出来がカギを握りそうだ。

・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)
會田圭佑
川村卓也
岡田侑大
長野誠史
森川正明
熊谷航
金丸晃輔
根來新之助
加藤寿一
桜木ジェイアール
ミッケル・グラッドネス
クリス・オトゥーレ
ダバンテ・ガードナー

・千葉(ヘッドコーチ:大野篤史)
ジョシュ・ダンカン
富樫勇樹
マイケル・パーカー
コー・フリッピン
田口成浩
晴山ケビン
大宮宏正
ニック・メイヨ
西村文男
藤永佳昭
ギャビン・エドワーズ
原修太
小野龍猛

この試合の他の記事