2019.10.16

ディフェンスが機能した秋田ノーザンハピネッツ、ホームでアルバルク東京に競り勝つ

王者を相手に価値ある1勝を挙げた秋田 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月16日にCNAアリーナ☆あきたでB1リーグ第3節が行われ、秋田ノーザンハピネッツアルバルク東京と対戦した。

 秋田はディフェンスから主導権を握り、第1クォーターを13失点、第2クォーターを12失点に抑えることに成功。古川孝敏の3ポイントなどで得点を積みあげ、36-25とリードを奪った。

 第3クォーターは開始から0-10のランを許す苦しい展開。それでも激しいディフェンスで流れを渡さず、A東京との接戦を65-60で勝ちきった。

 カディーム・コールビーが14得点8リバウンド3ブロックと攻守両面で活躍し、古川は2本の3ポイントを含む13得点をマーク。敗れたA東京は小島元基の負傷交代が響き、3試合目で初黒星を喫した。

■試合結果
秋田ノーザンハピネッツ 65-60 アルバルク東京
秋田|23|13|10|19|=65
東京|13|12|20|15|=60

この試合の他の記事