2019.10.16

スミス不在の富山グラウジーズ、川崎ブレイブサンダースとの接戦制し連敗ストップ

富山が連敗ストップ[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月16日、各地でB1リーグ第3節が行われ、とどろきアリーナでは連敗中の富山グラウジーズ川崎ブレイブサンダースと対戦した。

 第1クォーターは、川崎に先行される展開に。それでもレオ・ライオンズを中心に得点を重ね、21-25で最初の10分間を終えた。第2クォーターに入ると、ディフェンスが機能し川崎をわずか8得点に抑える。38-33と逆転し試合を折り返した。

 後半もリードする展開が続いたが、第3クォーター残り1分7秒に同点に追いつかれる。そこから再度勝ち越しとはならず、53-53でこのクォーターを終えた。最後の10分間は、序盤に宇都、前田らの得点でリードを奪うと、そのリードを守り切り73-69で勝利。連敗をストップした。

 ライオンズが23得点15リバウンド、宇都が10得点6アシストをマークする活躍を見せた。

■試合結果
川崎ブレイブサンダース 69-73 富山グラウジーズ
川崎|25|8|20|16|=69
富山|21|17|15|20|=73

この試合の他の記事