2019.10.18

滋賀レイクスターズはガード陣の活躍に期待、名古屋ダイヤモンドドルフィンズはいかにミスを減らせるか

国内外のバスケ情報をお届け!

滋賀レイクスターズvs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@ウカルちゃんアリーナ)
第1戦:10月19日18時5分、第2戦:10月20日14時5分

 滋賀レイクスターズが開幕5試合目にして今シーズン初白星をつかみ取った。敵地で島根スサノオマジックと対戦した第3節は、前半終了時点で34-33と拮抗した展開。第3クォーターに入ると、齋藤拓実ヘンリー・ウォーカーチャールズ・ローズ狩野祐介などが内外から一挙33得点を積みあげ、相手をわずか7得点に抑えて勝利を手繰り寄せた。

 滋賀に立ち向かうのは、前節の琉球ゴールデンキングス戦で連勝がストップした名古屋ダイヤモンドドルフィンズ。試合は第3クォーターに安藤周人張本天傑の3ポイントなどで30得点を重ね、一気に12点のリードを得たものの、勢いが続かず最終クォーターはわずか4得点しか奪えなかった。ミスから立て続けに失点を重ね、ターンオーバーは20個。張本、安藤、笹山貴哉ヒルトン・アームストロングが2ケタ得点を挙げた中、ジャスティン・バーレルの代役として出場したイシュマエル・レーンは3得点にとどまった。

 滋賀は61失点に抑えた前節のように、ディフェンスから試合の主導権を握っていきたい。ショーン・デニスヘッドコーチは「ディフェンスで修正する部分があるので、そこをしっかり修正してやっていく」と、より強度の高いディフェンスを追い求めている。前節で7個のターンオーバーを記録した安藤に対し、新天地で頭角を現す齋藤拓実をはじめ、狩俣昌也狩野祐介などガード陣が積極的にプレッシャーを掛けられるか。

 名古屋Dとしては、まずはミスを減らすこと。菊池真人の負傷により一人ひとりのプレータイムが増加している中、ゲームの入り方や締め方、勝負どころに気をつけなければならない。木下誠小林遥太満田丈太郎といったベンチメンバーの奮起にも期待したい。

■ロースター
・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
齋藤拓実
狩俣昌也
シェーファーアヴィ幸樹
佐藤卓磨
ヘンリー・ウォーカー
中村功平
谷口光貴
チャールズ・ローズ
高橋耕陽
荒尾岳
狩野祐介
伊藤大司

・名古屋D(ヘッドコーチ:梶山信吾)
小林遥太
満田丈太郎
イシュマエル・レーン
菊池真人
張本天傑
安藤周人
中東泰斗
笠井康平
中務敏宏
ヒルトン・アームストロング
笹山貴哉
ジャスティン・バーレル※インジュアリーリスト
木下誠

この試合の他の記事