2019.10.18

連敗を免れたいアルバルク東京に「絶好調」京都ハンナリーズが挑む

国内外のバスケ情報をお届け!

アルバルク東京vs京都ハンナリーズ(@アリーナ立川立飛)
第1戦:10月19日15時5分、第2戦:10月20日15時5分

 B1第5節、アルバルク東京京都ハンナリーズの一戦が、A東京のホーム、アリーナ立川立飛で行われる。

 前節、開幕から全勝をキープしていたA東京が秋田ノーザンハピネッツに土をつけられた。この試合、持ち前の激しいディフェンスを見せた秋田が試合開始から主導権を握る展開となる。A東京はこれまで先発ポイントガードを務めていた小島元基が負傷退場するなど、ペースをつかめないまま試合が進んだ。第3クォーターの開始から10-0と反撃を試みたが、それでも秋田の堅いディフェンスを崩すことができなかった。

 一方の京都はここまで富山グラウジーズに2勝、滋賀レイクスターズに2勝、そして大阪エヴェッサに1勝と勝ち星を重ね西地区の首位をキープしている。特に前節行われた大阪戦では90-59と快勝。ジュリアン・マブンガが14得点6リバウンド10アシストのダブルダブルを達成。デイヴィッド・サイモンは34得点9リバウンド6アシストと両外国籍選手は今シーズンも対戦相手に脅威を与えている。

 A東京にとって心配なのは小島の具合だ。小島が出場できなくなると、現在のアクティブメンバーが8名となり、つまりはベンチに3名しかいないという状況となる。今節が10月16日の平日開催からすぐに日程が組まれているため、選手のコンディション調整も厳しい中でA東京がどのように調整するかに注目が集まる。

 京都はマブンガ、サイモンだけでなく、移籍の松井啓十郎がこれまで5試合で平均15.6得点を挙げているなど好調だ。3ポイントの成功率も43.2パーセントとシューターとして十分な成績を残している。また、ルーキーポイントガードの中村太地も24分強のプレータイムを獲得し、チームの勝利に貢献している。

 A東京として連敗は免れたいところだが、どのように京都に対抗できるのかが注目だ。京都は2連覇中のチャンピオンを叩いて、ロケットダッシュにつなげたい。

■ロースター
・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
小島元基
安藤誓哉
ケビン・ジョーンズ
正中岳城
ジェフ・エアーズ※インジュアリーリスト
ザック・バランスキー
須田侑太郎
ミラン・マチュワン
菊地祥平
竹内譲次
田中大貴
アレックス・カーク

・京都(ヘッドコーチ:浜口炎)
中村太地
村上直
綿貫瞬
鶴田美勇士
岡田優介
玉木祥護
松井啓十郎
ジュリアン・マブンガ
内海慎吾
永吉佑也
ラシャーン・ホロウェイ
デイヴィッド・サイモン

この試合の他の記事