2019.10.19

島根スサノオマジックが今季初白星、敵地で横浜ビー・コルセアーズに10点差の勝利

国内外のバスケ情報をお届け!

 10月19日、横浜国際プールにてB1リーグ第4節第1戦が行われ、島根スサノオマジック横浜ビー・コルセアーズと対戦した。

 第1クォーター、第2クォーターともにどちらも譲らない展開となり、32-36で試合を折り返した。

 第3クォーター序盤はジョルジー・ゴロマンアキ・チェンバースの得点に得点を許したが、同クォーター残り4分28秒のブライアン・クウェリの得点を皮切りに反撃開始。激しいディフェンスから相馬卓弥ロバート・カーターらが加点し、55-49で最終クォーターへ。最後の10分間でも勢いを止まらず、カーター、クウェリの得点で開始57秒時点で10点のリードを奪うと、最後までリードを許すことなく、最終スコア74-64でタイムアップ。島根が今季初勝利を挙げた。

■試合結果
横浜ビー・コルセアーズ 64-74 島根スサノオマジック(@横浜国際プール)
横浜|20|16|13|15|=64
島根|15|17|23|19|=74

この試合の他の記事