2019.10.22

シーホース三河は持ち味の攻撃力を発揮できるか、富山グラウジーズは試合の入り方に注意

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

シーホース三河vs富山グラウジーズ(@ウィングアリーナ刈谷)
10月23日19時5分

 意欲的な補強で復権を狙ったものの、シーホース三河は2勝5敗とスタートダッシュはならなかった。前節は宇都宮ブレックスに対してディフェンス面のもろさが表れてしまい、2戦とも失点は90点台。相手が外国籍選手1人という有利な状況にもかかわらずインサイドで後手に回った感があり、アウトサイドからも小気味良く決められてしまった。1戦目でシュート試投数がわずか1本の無得点、2戦目も7得点止まりと金丸晃輔が封じられ、1戦目ではクリス・オトゥーレも4得点のみと誤算。川村卓也も1戦目が2得点、2戦目は6分に満たない出場時間で無得点に終わっている。

 その三河の今節の相手、富山グラウジーズも前節は大阪エヴェッサに連敗して黒星先行となった。ケガで戦列を離れたジョシュア・スミスに代わる得点源としてB2の越谷アルファーズからダニエル・オルトンを迎え入れたが、1戦目は8リバウンド7アシストをマークした一方で得点は7点、2戦目も10得点とオフェンス面では本領を発揮できなかった。それ以上に、チームとして2戦とも第1クォーターで相手のペースに巻きこまれたのが最大の敗因。2戦目に至っては前半で24-49と大量ビハインドを背負ってしまい、試合の入り方に大きな課題を残した格好となった。

 現在は星1つの差で富山が上位に立っており、三河はこの一戦を取って並んでおきたい。金丸を筆頭に持ち味のオフェンス力を発揮することは大前提。スミスを欠いた富山に対してはインサイドでアドバンテージを取りたいところで、特にディフェンスではかつてのチームメートでもあるオルトンをペイントエリアで自由にさせないことが重要だが、富山は前田悟が前節に2戦とも2ケタ得点を挙げており、そのアウトサイドシュートにも警戒が必要となる。レオ・ライオンズも含めた富山の得点源に対してすべてを止めに行くのは難しく、どこにポイントを絞って守るかという点がカギになるだろう。

文=吉川哲彦

■ロースター
・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)
會田圭佑
川村卓也
岡田侑大
長野誠史
森川正明
熊谷航
金丸晃輔
根來新之助
加藤寿一
桜木ジェイアール
ミッケル・グラッドネス
クリス・オトゥーレ
ダバンテ・ガードナー

・富山(ヘッドコーチ:ドナルド・ベック)
レオ・ライオンズ
山口祐希
松山駿
船生誠也
阿部友和
山田大治
水戸健史
菅澤紀行
宇都直輝
前田悟
葛原大智
ジョシュ・ペッパーズ
ジョシュア・スミス※インジュアリーリスト

この試合の他の記事