2019.10.29

アルバルク東京がPG補強、山本柊輔を獲得「飛躍のチャンスがあると考え入団を決断」

A東京との契約締結が発表された山本柊輔 [写真}=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 アルバルク東京は10月29日、山本柊輔との契約締結を発表した。試合エントリーは選手登録完了次第となる。

 山本は176センチ74キロのポイントガード。筑波大学、山形ワイヴァンズを経て、2018-19シーズンはレバンガ北海道で45試合に出場して平均2.2得点2.2アシストをマークした。

 同選手はチームの公式HPを通じて次のようにコメントした。

「この度、アルバルク東京に入団することになりました、山本柊輔です。Bリーグのトップを走る素晴らしいチームの一員になれる事を大変光栄に思います。私は、今シーズン、カナダリーグへの挑戦を志し、9月中旬から渡米しました。12月から始まるチームキャンプに参加するまでの間、NBAサクラメントキングスの下部組織チーム(Gリーグ)で練習生としてトレーニングを積んできました。そんな中で、今回のこのオファーを頂きました。ルカHCの下でPGとしてプレーし、日本を代表するメンバーが集まる中で個性を発揮して勝利に貢献していく事は、私にとって大いなる挑戦です。厳しいチャレンジの中にこそ、飛躍のチャンスがあると考え、今回入団を決断しました。チームは怪我人が相次ぐ苦しい状況ですが、自分の持ち味であるハードDFとピックアンドロールでゲームに勢いをもたらし、1日でも早くチームの力になれるよう日々全力で取り組んでいきます。是非会場に足を運んで頂き、熱い応援を宜しくお願い致します」

 なお、チームは小島元基が全治約6カ月の負傷で離脱しており、山本には代役としての活躍が期待される。