2019.10.29

熊本ヴォルターズの石川海斗、B2リーグ1試合最多の17アシスト…自身が持つ記録を更新

17アシストをマークしチームを勝利に導いた石川[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月27日、熊本県立総合体育館にてB2リーグ第7節第2戦が行われ、熊本ヴォルターズ青森ワッツが対戦。熊本所属の石川海斗がB2リーグ1試合最多となる17アシストをマークした。

 第4節の奈良バンビシャス戦にて、16アシストをマークし1試合最多記録を更新していた石川はこの日もスタメン出場。前半で7つのアシストを積み上げ試合を折り返すと、第3クォーターでは4つのアシストをマークし最終クォーターへ向かった。

 最後の10分間でも1ケタ点差の接戦が続く中、石川はアシストを量産していく。試合終了残り3分14秒に自身が持つ記録に並ぶと、残り2分21秒に小林慎太郎の3ポイントをお膳立てし17個目のアシストをマーク。そのまま試合は終了し、B2リーグ1試合最多となる17アシストを達成した。

 東京都出身の石川は170センチ72キロのポイントガード。明成高校、日本大学を経て、2013年に日立サンロッカーズ東京(現サンロッカーズ渋谷)でキャリアをスタートさせた。その後は岩手ビッグブルズ仙台89ERS信州ブレイブウォリアーズでプレーすると、今季から熊本ヴォルターズに所属。今季は全13試合にスタメン出場し、1試合平均12得点9.7アシストをマークしている。

 なお、チームは青森に94-86で勝利した。