2019.11.08

宇都宮ブレックスに挑むレバンガ北海道、直接対決を制して地区3位浮上なるか

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

宇都宮ブレックスvsレバンガ北海道(@ブレックスアリーナ宇都宮)
第1戦:11月9日15時5分、第2戦:11月10日15時5分

 10月は7勝3敗、東地区3位とまずまずのスタートを切った宇都宮ブレックス。11月は上位に位置するアルバルク東京との今季初対決から始まった。第3節から欠場していたジェフ・ギブスも復帰して2勝を勝ち取りたいところだったが、結果は1勝1敗。1戦目は第4クォーターに9点差をつけたところから4分近くにわたって得点が止まり、その後のシーソーゲームでは残り6秒に勝ち越しを許して1点差の苦い黒星となった。逆に2戦目は1点ビハインドで入った第4クォーターにA東京を10得点に封じこめて前日の借りを返したが、直接対決での連勝を逃したことで地区2位以上への浮上はお預け。バイウィーク前の残り2節はしっかり取っておきたい。

 対するは同じ東地区で宇都宮のすぐ下、4位につけていたレバンガ北海道。こちらも順位を争う秋田ノーザンハピネッツをホームに迎えての今季初対決となったが、同じく1勝1敗に終わっている。1戦目は第4クォーターに一時7点ビハインドを背負ったが、最後の3分58秒で14-0というランを披露する鮮やかな勝利。翻って2戦目は第1クォーターの12点ビハインドから追いあげながらも4点届かず。ただ、橋本竜馬に続いてファイ・パプ月瑠も欠場した中、多嶋朝飛川邉亮平が2戦とも2ケタ得点をマーク。多嶋は前々節から4戦連続で2ケタに乗せ、川邉も前々節からギアが上がってきた感がある。

 両者は現在星1つの差。北海道は、この直接対決で連勝すれば宇都宮を抜いて地区3位に浮上するというチャンスを迎えている。ギブスの復帰によって役者がそろいつつある宇都宮に対し、北海道も前節はマーキース・カミングスが1戦目で5ブロックを記録するなど、故障者の穴埋めはできた。とはいえ、層の厚い宇都宮に対抗するにはさらなるステップアップが求められる。今季はここまで出場機会が限られている折茂武彦桜井良太が、短い時間でも本領を発揮しなければならない。

文=吉川哲彦

■ロースター
・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)
田臥勇太
ジェフ・ギブス
比江島慎
遠藤祐亮
竹内公輔
田原隆徳
渡邉裕規
鵤誠司
橋本晃佑
ライアン・ロシター
栗原貴宏※インジュアリーリスト
山崎稜
喜多川修平
シャブリック・ランドルフ

・北海道(ヘッドコーチ:内海知秀)
橋本竜馬
ケネディ・ミークス
マーキース・カミングス
ファイ・パプ月瑠
中野司
多嶋朝飛
折茂武彦
市岡ショーン
桜井良太
マーク・トラソリーニ
内田旦人
川邉亮平
松島良豪

この試合の他の記事