2019.11.11

ファン投票中間発表で1位の折茂武彦「“引退”という2文字が効いているのかな」

Bリーグオールスター2020の概要発表会見に登壇した北海道の折茂(右)
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月11日、都内で「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2020 IN HOKKAIDO」の概要発表会見が行われた。

 2020年1月18日19時10分から北海きたえーるで行われる4度目のBリーグオールスター。Bリーグ初のデジタルアンバサダーに、『初音ミク』の雪像がきっかけに生まれた『雪ミク』が就任するなど、競技面だけでなく演出面での盛りあがりも期待される。

 会見に登壇したレバンガ北海道折茂武彦は「北海道開催ということで非常に楽しみにしていますし、北海道のファンの方々も楽しみにしている大会の一つであると思います」とコメント。現時点での出場は確定していないが、富樫勇樹千葉ジェッツ)の名を挙げ「一度はプレーしてみたかった。(チームが)分かれてしまったので少し残念です」と話した。

 折茂は当日に発表されたファン投票中間発表にてB.BLACKのポイントカードとシューティングガード枠で、2位の比江島慎宇都宮ブレックス/17918票)、3位の田中大貴アルバルク東京/16083票)を上回り18828票で首位。「今をときめく日本代表の田中大貴選手と比江島慎選手を差し置いて1位ということは、“引退”という2文字が効いているのかなと思います」と笑顔を見せ、「投票してくれるファンの方々には感謝しかないという思いがいっぱいです」。もっとも、2019-20シーズン限りで選手生活を終える49歳のレジェンドは、ファン投票での出場にこだわっている。

「今季で引退するからといって僕のオールスターではないので。ファン投票で選ばれれば、それだけファンの方々が見たいということ。それ(ファン投票で選ばれなければ)でなければ出る必要はないのかなと。リーグ推薦で出て、オールスターの雰囲気を壊すのは嫌ですし」

 なお、チケットは、12月5日にレバンガ北海道ファンクラブ会員先行販売、7日にBリーグチケット先行販売、14日に一般販売がスタートする。