2019.11.15

琉球ゴールデンキングスが198センチのPFを獲得、負傷のスコットはインジュアリーリストへ

スコットはインジュアリーリストに登録された
国内外のバスケ情報をお届け!

 琉球ゴールデンキングスは11月15日、右膝蓋腱術後再断裂したジョシュ・スコットをインジュアリーリストに登録。新たにユージーン・フェルプスとの契約合意を発表した。

 29歳のフェルプスは198センチ111キロのパワーフォワード。2012年にロングビーチ州立大学を卒業後、メキシコリーグでキャリアをスタートさせた。その後、プエルトリコ、ドミニカ共和国、フィリピン、台湾、韓国でプレー。今年開催されたウィリアム・ジョーンズ杯ではフィリピン代表チームの一員として出場し、優勝を果たした。

 フェルプスはクラブ公式HPをとおして「この美しい沖縄で暮らし琉球ゴールデンキングスでプレーすることを喜びを感じます。まだ合流して短い期間ですが、このチームは選手、コーチ、トレーナーのみんなが良い関係であることも感じ取れますし、このチームでプレーできることを嬉しく思います。スコット選手がいないことを補うのは大きな仕事ですが、自分の持っている全てを出しきってチームに還元できるよう、またチームが勝ち続けられるよう一生懸命プレーします」とコメントした。