2019.11.16

大阪エヴェッサが5連勝、敵地で名古屋ダイヤモンドドルフィンズに20点差の快勝

アイラ・ブラウンは19得点をマークした [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月16日に、各地でB1リーグ第9節第1戦が行われ、ドルフィンズアリーナでは大阪エヴェッサ名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦した。

 第1クォーターは、アイラ・ブラウンリチャード・ヘンドリックスがそれぞれ7得点をマークし、攻撃を引っ張り、25-21で終えた。第2クォーターは、流れが一転し、ロースコアな展開となるも、伊藤達哉やブラウンを中心に攻め、39-29で試合を折り返した。

 7点差で迎えた第3クォーターは、リチャード・ヘンドリックスが高確率でシュートを沈めて、この10分間で10得点をマーク。64-52とリードを広げて最終クォーターへ。最終クォーターは伊藤を中心に開始2分27秒までに11連続得点を記録し、75-52とリードを広げると、勢いを保ったまま、最終スコア81ー61で試合終了。大阪が敵地で快勝を果たした。

■試合結果
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 61-81 大阪エヴェッサ(@ドルフィンズアリーナ)
名古屋D|21|11|20|9|=61
大阪  |25|14|25|17|=81

この試合の他の記事