2019.11.17

レバンガ北海道、4シーズン目にして千葉ジェッツから初の白星獲得

勝利に多く貢献したトラソリーニ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月17日に各地でB1リーグ第9節第2戦が行われ、船橋アリーナではレバンガ北海道千葉ジェッツと対戦した。

 第1クォーターは互いに点の取り合いとなるも、マーク・トラソリーニケネディ・ミークスがそれぞれ7得点をマークし、27-21で終えた。続く第2クォーターは互角の展開が続くも、前半終了間際にトラソリーニがスティールからダンクを決め、46-37と点差を広げ、ハーフタイムへ。

 第3クォーターは、トラソリーニの得点でスタート。その後はやや重い展開となるも、この10分間を19-15とし、リードを広げ、最終クォーターへ。第4クォーターは序盤こそリードを保ったが、中盤から終盤にかけて徐々に点差を詰められ、試合終了残り45秒に富樫勇樹にシュートを許し、78-76と2点差まで詰められた。それでも、多嶋朝飛とミークスのフリースローで相手を突き放し、最終スコア81ー76で試合終了。北海道が千葉から初白星を獲得した。

■試合結果
千葉ジェッツ 76-81 レバンガ北海道(@船橋アリーナ)
千葉 |21|17|15|24|=76
北海道|27|19|19|16|=81