2019.11.20

アルバルク東京のジェフ・エアーズ、滋賀レイクスターズへの期限付移籍が決定

今季はアーリーカップでの1試合出場にとどまっていた [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 アルバルク東京は11月20日、ジェフ・エアーズ滋賀レイクスターズへ期限付移籍することを発表した。

 エアーズは206センチ109キロのパワーフォワードで、サンアントニオ・スパーズやポートランド・トレイルブレイザーズなどでNBA通算237試合に出場した。2016-17シーズン途中からA東京でプレーし、2017-18シーズンはトルコのチーム、2018-19シーズンは琉球ゴールデンキングスに在籍。今季からA東京に復帰したものの、出場は「B.LEAGUE EARLY CUP 2019 KANTO」での1試合にとどまり、左アキレス腱炎、滑液包炎のためインジュアリーリストに登録されていた。

 同選手はチームの公式HPを通じて「この度、滋賀レイクスターズに期限付移籍することになりました。短い期間でしたが日本で初めてプレーしたチームに戻って来る事ができて嬉しく思っています。アルバルク東京の全ての関係者とファンの皆さんに心から感謝申し上げます。これからは滋賀の一員となりますが、これからも温かい応援をよろしくお願いします」とコメントした。

 なお、移籍期間は2019年11月18日から2020年5月31日までとなる。