2019.11.25

みんなで決めよう! 11月の『MONTHLY BEST of TOUGH SHOT』…抽選でG-SHOCKの最新モデルをプレゼント

国内外のバスケ情報をお届け!

 B.LEAGUE2018-19シーズンに引き続き、2019-20シーズンもバスケットボールキングとカシオ計算機株式会社による共同企画を実施。B1各節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』を月ごとでまとめ、ユーザーが対象ショットの中からナンバーワンタフショット『MONTHLY BEST of TOUGH SHOT』を決めるというものです。

 ナンバーワンショットに投票した人の中から抽選で1名様に、G-SHOCKのスポーツライン「G-SQUAD(ジー・スクワッド)」のNewモデル『GBA-800LU-1A1JF』を贈呈。第2回目は第7節から第9節の、以下の計15ショットが対象です。

■GBA-800LU-1A1JF

G-SHOCKのスポーツライン「G-SQUAD(ジー・スクワッド)」※のNewモデルが登場。

今回はバンドに暗闇でも光を反射するリフレクターを採用し、夜間でのワークアウトやアクティビティが更に楽しめるデザインに仕上がった。

機能面では専用アプリケーション「G-SHOCK Connected」と連携し、ワークアウトに適した機能で個々の活動をアシスト。3軸加速度センサーによる歩数計測機能、最大5本×20セットのマルチタイマー、ラップメモリー最大200本など日常の健康管理、体力維持向上に役立ちます。また、アプリ連携により5段階運動強度付歩数ログ、カロリー算出や目標歩数設定、更にタイマーメニュー作成+転送、ストップウオッチ計測データ保管、データ一括確認など、トレーニングメニューの簡単作成や活動記録により、身近にスポーツを楽しめる。アプリ連携による自動時刻修正など時計本来の価値も追求し、暗所などでのワークアウトにも役立つオートLEDライトなど実用性も備えている。

装着性を高めるためバンド裏面の根元部にバックウイングや、遊環によるズレ防止を備え、細かくフィッティング調整ができるようバンド穴の数を多く設けられたことにより、サイズの微妙な調整が可能となった。

※G-SQUADとは、「分隊」を表す軍事用語「SQUAD」にインスパイアされた「選ばれた選手で構成されたスポーツチーム」という意味の新しいGブランドのスポーツシリーズ。

<仕様・機能>
●耐衝撃構造(ショックレジスト)
●無機ガラス
●ネオブライト
●20気圧防水
●ケース・ベゼル材質: 樹脂
●樹脂バンド
●モバイルリンク機能(対応携帯電話とのBluetooth®通信による機能連動)
●針退避機能(針が液晶表示と重なって見づらいときは、針を液晶表示の上から一時的に退避させることができます)
●歩数計測機能
●歩数表示範囲:0~999,999歩
●目標達成率表示(目標歩数設定範囲:1,000~50,000歩、1,000歩単位)
●歩数グラフ(1時間毎の歩数を11時間分6段階でレベル表示)
●ステップインジケーター表示
●パワーセービング機能(一定時間動きが無いと自動的にセンサーをスリープ状態にし節電)
●デュアルタイム(ホームタイムとの時刻入替機能付き)
●ストップウオッチ(1/100秒(1時間未満)/1秒(1時間以上)、24時間計、ラップ/スプリット付き、計測データを最大200本メモリー(計測月・日・時・分、ラップ/スプリットタイム)、ターゲットタイム報知機能付き、ターゲット報知(目標タイム)を10本までセット可能)
●タイマー:最大5つの時間設定が可能なインターバル計測用のタイマー(セット単位:1秒、最大セット:60分、1秒単位で計測、オートリピート、オートスタート)
●時刻アラーム5本・時報
●フルオートカレンダー
●12/24時間制表示切替
●操作音ON/OFF切替機能
●ダブルLEDライト:
文字板用LEDライト(オートライト、スーパーイルミネーター、残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒)付き)、
LCD部用LEDバックライト(オートライト、スーパーイルミネーター、残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒)付き)
●電池寿命:約2年
※スマートフォンと連携しない場合は通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。
●LED:ホワイト

<サイズ(高×横×奥)>
ケースサイズ(H×W×D):54.1×48.6×15.5mm

<質量>
59g

投票はこちら
 
■第7節(1日~5日)
1位:石井講祐サンロッカーズ渋谷/3日三河戦)
2位:渡邉裕規宇都宮ブレックス/2日A東京戦)
3位:デイヴィッド・サイモン京都ハンナリーズ/2日千葉戦)
4位:ニック・メイヨ千葉ジェッツ/2日京都戦)
5位:アレックス・カークアルバルク東京/1日宇都宮戦)


 
■第8節(8日~10日)
1位:杉浦佑成サンロッカーズ渋谷/10日新潟戦)
2位:ニック・パーキンズ新潟アルビレックスBB/10日SR渋谷戦)
3位:狩野祐介滋賀レイクスターズ/8日富山戦)
4位:ベンドラメ礼生サンロッカーズ渋谷/10日新潟戦)
5位:熊谷尚也川崎ブレイブサンダース/9日三遠戦)


 
■第9節(16日、17日)
1位:マティアス・カルファニ川崎ブレイブサンダース/17日横浜戦)
2位:富樫勇樹千葉ジェッツ/16日北海道戦)
3位:ジョシュ・ペッパーズ富山グラウジーズ/17日三河戦)
4位:ダバンテ・ガードナーシーホース三河/16日富山戦)
5位:デモン・ブルックス琉球ゴールデンキングス/17日滋賀戦)

■投票フォーム(12月1日締め切り)
https://forms.gle/36FjfXhPyv8YA9Qf9

■G-SHOCK公式WEBサイト
https://g-shock.jp/

MONTHLY BEST of TOUGH SHOTのバックナンバー