2019.12.02

Bリーグオールスター「子どもに夢と希望を」 MVPへ忖度パスにも期待⁉ レバンガ北海道・折茂

北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 北海道で2020年1月18日に開催される「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2020 IN HOKKAIDO」。12月2日、東京都内で出場選手発表の記者会見が開かれた。ファン投票1位でB.BLACKのスターティングファイブに選ばれたレバンガ北海道折茂武彦レバンガ北海道)は「この歳でオールスターに出られることを本当に幸せと感じている。思いっきり楽しんで、思い出づくりにしたい」とあいさつ。

「地元、北海道でオールスターが開催されることは、子どもたちに夢と勇気を与えると思っている。素晴らしい大会になることに全力を尽くしたい」と抱負を語った。また、チームメンバーに北海道観光の案内を期待されると、その資金となるMVPのための「忖度パス」にも期待を寄せ、会場の笑いを誘った。

 B.BLACKのスターティングファイブは、折茂のほかに比江島慎ジェフ・ギブス竹内公輔ライアン・ロシターと、いずれも宇都宮ブレックス所属選手。折茂はB.BLACKを「折茂ブレックスですね」と命名。「Bリーグになって自身初めてのオールスター。これが最初で最後ということで、この豪華なメンバーとプレーできることを楽しみたいと思う」と期待を寄せた。

 会見には一般のファンも招待された。ファンから「何ポイントを目指しますか」と質問され、折茂は「その日の調子によると思いますが、それなりに(ボールが回ってくる)忖度もありつつ、打たせてもらえばいいのかなと思っている。気にせず楽しみたい」と笑いを誘った。

 会見では、リーグ推薦選手も発表され、レバンガ北海道からは多嶋朝飛が選ばれた。合わせて各コンテストが行われ、スキルチャレンジに多嶋朝飛(初)、ダンクコンテストにマーキース・カミングス(2年連続2回目)、3Pコンテストに折茂武彦(初)が出場する。

 会見にはスペシャル応援ゲストとして、フォーリンラブのバービーさんも登場。「北海道のオススメデートスポットは?」「札幌市豊平区のPRキャラクターの名前は?」などバービーさんのクイズに悪戦苦闘し盛り上がる一幕もあった。

文・写真・動画 田中徹(北海道新聞)

■関連記事
Bリーグオールスター2020、各チームの先発5名とリーグ推薦選手が発表
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20191202/203182.html

■ファン投票中間発表で1位の折茂武彦「“引退”という2文字が効いているのかな」
https://basketballking.jp/news/japan/20191111/199967.html